バオバブのさまざまなイメージ
TOP > 体にイイ話

体にイイ話

論文リストへのボタン
  • アンチエイジング、美肌に
  • ダイエット・便秘改善に
  • 健康増進に
  • スキンケア
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

バオバブの巨木と実
バオバブは、古来より、現地の住民にいろいろな形で利用されてきました。特に、体に良い食べ物として重宝されています。
その食べ物の働きを、ここで一部ご紹介します。

アンチエイジング、美肌に −抗酸化パワー−

抗酸化とは

鏡の前で肌を点検する女性 人は空気中の酸素を取り入れ、食事から摂った栄養素を燃焼させることによってエネルギーを作り出します。しかしこの過程で酸素の一部は酸化力の強い「活性酸素」となり体を酸化させてしまいます。酸化とは、「さび付かせる」ことです。体の中の機能がさび付くと正常な働きが出来なくなり、糖尿病、高血圧、動脈硬化など生活習慣病の原因や、白髪やしみ、しわ、ソバカスなどお肌の老化の原因にもなります。
活性酸素は年齢とともに増加すると言われています。またストレス、喫煙、大量飲酒、紫外線、排気ガス、環境ホルモン、激しい運動などによっても大量に発生することが分かっています。

 

体の中をさび付かせないようにすることが「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)です。過剰な活性酸素を取り除き、生活習慣病を予防したり、老化を抑制するのです。抗酸化作用によってソバカスやシミの原因となるメラニンの生成を抑え、ハリや弾力のもととなるコラーゲンの生成を促すなど美肌効果があることも知られています。

アンチエイジング、美肌に → 抗酸化パワー

バオバブフルーツの抗酸化力

バオバブの実 バオバブフルーツには、抗酸化物質であるポリフェノールビタミンC が豊富に含まれています。含有されているビタミンC は、オレンジの約6倍といわれています。また抗酸化力の指標とされるORAC 値はクランベリー、ブルーベリー、ブラックベリーを超える数値を示しています。

ORAC は、米国立老化研究所(National Institute on Aging)のCao らによって1992 年に開発され、米国農務省(USDA)のPrior らによって改良が進められてきました。 その値は食品やサプリメントの抗酸化力を科学的に分析する基準として、米国を中心に世界的に用いられる様になってきました。米国では既にORAC 値を表記した食品が多く上市されており、消費者にその食品がどの程度の抗酸化力を有するかを具体的な数値で示しています。

データ元:US Department Of Agriculture(USDA)ORAC VALUES OF Selected Foods 2007
www.oracvalues.com のデータを参考にしております。

■抗酸化物質【umol TE/ g】

ダイエット、便秘改善に −食物繊維の力−

食物繊維とは

rねとオイル食物繊維は、水に溶ける水溶性食物繊維と、溶けない不溶性食物繊維とに大別されます。
水溶性食物繊維には果物、野菜、コンブ、コンニャクなどに多く含まれています。
不溶性食物繊維は豆類、小麦ふすま、ゴボウ、きのこ、ココアなどに多く含まれています。

水溶性食物繊維は、水分を抱き込んで粘りのあるゲルを形成し、そこに含まれる糖やコレステロールの腸からの吸収をゆるやかにする作用があります。そのため食後の血糖値の急激な上昇を防いだり、脂質異常症や動脈硬化などの予防に期待されています。
また、ナトリウムの便中への排泄を促進して血圧の上昇を抑制したり、腸内細菌叢を改善する働きもあります。その他、農薬や食品添加物など人体に好ましくない物質の吸収を妨げ、体外に便として排泄させたり、腸内で水分を吸収して膨張するため腸壁を刺激して排便を促す効果もあります。不足すると満腹感が得にくくなります。

rねとオイル 不溶性食物繊維は、大腸内で水分を保持し、軟便にして排泄を促したり、生体に有害な物質を吸着させ排泄を促進したりします。大腸内で有害な物質の通過時間が短縮されると、発癌物質と腸壁の接触時間を減らすので、大腸癌の発生を抑制できると考えられています。
また、胃の中の滞在時間が長く、満腹感が持続するためダイエット効果も期待できます。

◆ 食物繊維摂取量の現状

平成20 年国民健康・栄養調査における食物繊維の摂取量(1 日あたり平均)は、水溶性が3.4g、不溶性が10.8g となっています。
日本人の食事摂取基準(2010 年版)における食物繊維の目標量は、成人男性で19g/日以上、成人女性で17g/日以上とされています。

ダイエット、便秘改善に −食物繊維の力−

バオバブフルーツの食物繊維

バオバブフルーツの乾燥果肉には、22.54%の水溶性食物繊維と22.04%の不溶性食物繊維が含まれています。100gあたりでは、約45gの食物繊維が含まれており、高い含有率になります。

■食物繊維総量【g】(100g あたり)

データ元:
平成20 年国民健康・栄養調査/日本人の食事摂取基準2010 年版/五訂増補日本食品標準成分表
Baobab fruit company の提供データを参考にしています。

健康増進に −バランスの取れた栄養価−

ビタミン・ミネラル等が豊富

バオバブフルーツには、ビタミン、ミネラルなど自然の恵みであるフルーツから摂取できる栄養素が豊富に含まれています。

ミネラル乾燥果肉 100gあたり
カルシウム 293 - 300 mg
リン 96 – 210 mg
7 mg
カリウム 2310 mg
ナトリウム 1.86 mg
マグネシウム 0.10 mg
亜鉛 0.064 mg
マンガン 2.07 mg
ビタミン乾燥果肉 100gあたり
ビタミンA 200 mcg
ビタミンB1 0.038 mg
ビタミンB2 0.06 mg
ビタミンB6 2.13 mg
ナイアシン 2.16 mg
ビタミン C 200 - 300 mg

データ元:
Baobab fruit company の提供データを参考にしています。

健康増進に −バランスの取れた栄養価−

他食品との含有量比較

■カルシウム【mg】(100g あたり)
■鉄【mg】(100g あたり)
■ビタミンC【mg】(100g あたり)
データ元:五訂増補日本食品標準成分表

スキンケア

ビタミンと脂肪酸の効果

rねとオイルバオバブオイルは、オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。
お肌の水分の減少は、乾燥肌やしわ、しみ、たるみの原因になりますが、オレイン酸の肌への効果はすばらしく、特に保湿力が強く、乾燥から肌を守り、老化を防ぐ効果があると言われています。また、リノール酸は肌に親和性が高く、角質から水分が蒸発するのを防ぎ、肌を柔軟にする働きを持ちます。

 

そのほか、バオバブオイルには、皮膚の修復・再生を促しハリのあるつややかな肌へと導くビタミンAや抗酸化力が強く、紫外線やストレスが原因であらわれる肌のくすみ、たるみといったダメージに負けない明るい肌へ導くビタミンE も含まれています。
バオバブオイルは顔だけでなく、髪や全身にも使えます。

肌の弾力性試験も行われ、良い結果がでています。

 

バオバブオイルについての使用感レポート

(自由が丘エステ【ラボーテセマヴィ】様にご協力いただきました)